· 

【現況報告】会員の皆様へ

会員の皆様へ(現況のご報告)

本会にご賛同を頂きましてありがとうございます。現況を以下にお伝えします。

尚、本会は個人の集まりです。皆様のお気持ちがあって活動を進めて参ります。
押し付けでもありません、私も含めて、皆様の自発ボランティアです。
この前提で進めてまいります、ご理解を頂き、ご支援・ご参加お願いいたします。

そして、是非、春一番、バスをふくしまに出しましょう。
・バス一台募集は概ね35人です。
・ご応募多数の場合は先着順となる場合があります。
・無理せずに一度だけでも構いません。
・4月、5月・・・とご参加頂けます方はご継続ください。
・口コミでこんなことやってる会があるよ、と押し付けにならずお伝えもして頂ければ。


1.参加者(会員)状況

お陰さまで、2/4現在会員総数が51名となりました。ありがとうございます。

◆会員総数    : 51名 ( 内、一般の方からのご参加 25名 )
◆内【正会員】  : 28名 ( 内、一般の方からのご参加 12名 )
◆内【一般会員】 : 23名 ( 内、一般の方からのご参加 13名 )

継続して会員は募集して行きます、今後ともよろしくお願いいたします。

2.活動の現況

毎週日曜日に役員(スタッフ)で定例会を開催し活動の準備を進めています。

◆バス会社さんとの調整

 個人の集まりの会です、経費もありません、ふくしまへバスをお出し頂ける会社さん
 日程が可能な会社さん、などお話をさせて頂いています。
 バス運行費(バス代・高速代など)÷参加者数=皆様の参加費でもあります。

◆現地の受け入れ状況確認

 今年は例年以上の雪と言うこともあり、活動再開日の判断がまだです。
 2月の中旬頃に示されるのかと思います。早ければ3/17.24頃?。
 但し、急遽雪により活動が出来ない、もしくはもう一週間ほどずれることも予想されます。
 再開に向けた確認、すり合わせを進めています。

 ①再開日の確定 (日程が決まらないと募集が出来ない)
 ②バスの調達期限(延期などになるとキャンセル料が掛り見極めないとならない)
 ③参加者数   (参加者がないとバス料金のコストだけが残る)
 ④毎月一回出す (同様に継続参加の方の確保が必須)

◆会のチラシ・募集チラシなど

 実現、継続に向けチラシ作製も進めています(印刷代もかかります)。
 また、チラシもどうやって見て頂こうかと置いて頂けるところがないか探してもいます。
 ご協力頂けるところともお話をさせて頂いています。

 ①会のチラシ    ・・・ 会員を含めた参加者の募集チラシ作成
 ②会のチラシ    ・・・ 同、三つ折りパンフレット作成
 ③ターゲットチラシ ・・・ バス月一回出す、に向けた活動ターゲットチラシ

◆管理事項

 会の運営にかんして、議事録、会員の皆様とのやりとり、会の通帳作り、会費、会計
 などなどもやらないと行けないので役員に分担して頂き進めています。

◆その他

 (1)2/18(土)に福島市の飯坂でのふくしまフェイスタ

   役員数名で自費で参加してきます。夜行バス・新幹線などで。

 (2)富岡町支援の方

   相撲の2月場所の番付表を購入し2月4日・5日で郡山市の仮設住宅(少し不便な場所の仮設です)に住まわれている方にお配りを一人でしている方がいます。相撲は皆さん大好きです。
   3月場所もあるそうで、一緒にお手伝い出来る方がいれば・・・。

  などなど。


簡単ですが、現況です。引き続きよろしくお願いいたします。

かながわ「福島応援」プロジェクト
代表 渡辺孝彦

かながわ「福島応援」プロジェクト
kanagawa.fukushima.ouen.pj

特定非営利法人かながわ避難者と共にあゆむ会
特定非営利法人かながわ避難者と共にあゆむ会
認定NPO法人かながわ311ネットワーク
認定NPO法人かながわ311ネットワーク
チームかながわSUN
チームかながわSUN
(第16次赤い羽根助成金で活動)
(第16次赤い羽根助成金で活動)
azbil みつばち倶楽部様
azbil みつばち倶楽部様
azbil みつばち倶楽部様
azbil みつばち倶楽部様
リコー社会貢献クラブ・FreeWill
リコー社会貢献クラブ・FreeWill
一般財団法人神奈川県建築安全協会
一般財団法人神奈川県建築安全協会
富士ゼロックス神奈川㈱端数倶楽部
富士ゼロックス神奈川㈱端数倶楽部
シティアクセス株式会社
シティアクセス株式会社
福島県
fukushima
助け合いジャパン
助け合いジャパン
JCN
JCN
ボランティアインフォ
ボランティアインフォ
ふくしま連携復興センター
ふくしま連携復興センター
「震災を忘れない気持ちをあらわすプロジェクトです」
「震災を忘れない気持ちをあらわすプロジェクトです」