· 

12/10(土)かながわ「福島応援隊」vol.7 『第4回、福島市除染ボランティア!』

かながわ「福島応援隊」vol.7 『第4回、福島市除染ボランティア!』

10月29日から始めて4回目、今日12月10日(土)は今年最後の活動になります。参加者はなんと12名と今までで一番多い参加者です。車は3台、内1台はレンタカーを借りて県民センター前に集合し出発です。

福島に入っての深夜、須賀川から郡山辺りで雪・吹雪です。なんとか安達太良SAでは落ち着きましたがこの冬一番の寒さです。気温は-1℃、車での仮眠も朝方は-4℃と凍えそうでした。

20111210-01c.jpg( 安達太良SAの裏手に見える安達太良山 )

20111210-02c.jpg( 安達太良SAの朝日 )

 

今回も二本松ICで降りて松川町にある飯館村(http://kankou.vill.iitate.fukushima.jp/)さんの仮設住宅前の道を通らせて頂きました。何時かお手伝いできればとの想いです。一面はうっすらと雪景色、道路も一部凍結していました。

集合場所の大波地区、入口では市の方が待っていてくれて、初日の時と同じく車の誘導をして下さいました。頭が下がります。

20111210-03c.jpg( 福島市に準備頂いたビブス・積算計・軍手など )

20111210-04c.jpg( 福島市の「草野防災専門官」です。面白い方です。 )

 

福島市の「草野防災専門官」より全体の状況のご説明を頂きました。
12/9(土)、今日までの実績は
・完了世帯数:大波地区400世帯中、109世帯
・ボランティア者数:600名強(応募者はもっと多くいましたが受付で制限された)
・客土効果:40~50%の低下(0.8~0.9μsvが0.4~0.5μsvに)
・落葉除去効果:1.2μsvが0.9μsv程に

今後の方向は
・冬は雪とかで屋根に登れず住宅の除染は出来ない。ボランティア募集を一時中断。
・山・畑を冬の間にボランティアを入れずに(雪で厳しいので)地元で進める。
・春になったら、多くのボランティアさんの協力を得て再開する。
・福島市は11万世帯程、人が住んでいるので一気に短期間で進める。
・今後大波地区を除染の模範地区として進める、と。

安全管理は
・セシウムは洗えば落ちる、放射能は吸うと体内に蓄積する
・作業中は肌の露出をさけ、マスクは必ずするようにとのご指導
・全員に放射線の積算計が貸与され、年間1,000μsv(1msv)を超えない管理
・4回参加しましたが、1回2~3μsvで積算9μsvでした。

自治振興会の会長さんからのご挨拶
・お礼を言う時にいつも泣いてしまう。
・どこが震災の現場だと思われるかもしれませんが、まさにここが現場です。
・そして私達は毎日見えない敵の放射能と戦っています。
・自分たちの地区は自分たちで守る、とも。
その上で、遠く福岡、広島からもボランティアの方の参加、北海道から高校生が2カ月アルバイトしてボランティアに来てくれた。とボランティアの皆さんに感謝の言葉。

 

作業場所は個人宅で、前もって庭の表土を削ぎ取った上で、山砂が2t車6台分、なんと12tが山になっていました。その土を一輪車2台とスコップ・トンボでならしていきます。
お昼の時間を後ろにずらして頂いて、綺麗にさせて頂きました。全員良い達成感です。
もう一軒作業させていただきたかったのですが、また今度と。また来ます。

20111210-05c.jpg( 作業前、山盛りの山砂です。12t分です。 )

20111210-06c.jpg( ネコで山砂を運びます。ネコ2台しかない。 )

20111210-07c.jpg( 社協の方も加わり庭の作業風景です。桃色の線のジャージの女性の方。 )

20111210-08c.jpg( 庭土が沢山削りとられており、沢山入れて整地し綺麗に。 )

20111210-09c.jpg( 12tの山砂がなくなりました。客土完了です。 )

 

作業後に集会場に戻り、うがい、手洗いをし、遅めの昼食、お味噌汁を頂きました。市の方より今回の成果・効果を聞かせて頂きました。

20111210-10c.jpg( 帰りです。残念ながら正面の吾妻小富士は雲に覆われている。 )

 

参加者から
・今までのどこの現場より受け入れが大変で、とても我々に気を使っている現場だと感じる。
・他の県のように大きな声で「ボランティアの人達来て下さい」と言えない問題。放射能。
・帰り、何度もありがとう、ありがとうと言われる。
・集会場で頂いた暖かいお味噌汁、とても美味しかったです。ご馳走様。
・みんなで、次回春一番、『福島5便でまた来るぞ』と約束を交わす。
・福島市は11万世帯、住んでいます。5年かけてゆっくりなんかしていられない。
・ネコも機材も足らないなら、かながわにも眠っている機材がある。
・みんなで助け合えないのか・・・。

今年の参加者は4回(10名、6名、3名、12名)で31名です。バス1台分位です。

来春まだ個人活動ですが、バスを出したい。出します。
お出し頂けるバス会社さんともお話が出来ました。後は皆さんです。
個人判断でご参加頂けます方、口コミの手段しかありません、『助け合い』広めて下さい。

バスは『春一番号』福島5便です。みんなで行きましょう。ふくしまへ、かながわから。

ボラバスチーム一員、参加者一同
【kfop】かながわ「福島応援」プロジェクト
かながわ「福島応援隊」なべ

かながわ「福島応援」プロジェクト
kanagawa.fukushima.ouen.pj

特定非営利法人かながわ避難者と共にあゆむ会
特定非営利法人かながわ避難者と共にあゆむ会
認定NPO法人かながわ311ネットワーク
認定NPO法人かながわ311ネットワーク
チームかながわSUN
チームかながわSUN
(第16次赤い羽根助成金で活動)
(第16次赤い羽根助成金で活動)
azbil みつばち倶楽部様
azbil みつばち倶楽部様
azbil みつばち倶楽部様
azbil みつばち倶楽部様
リコー社会貢献クラブ・FreeWill
リコー社会貢献クラブ・FreeWill
一般財団法人神奈川県建築安全協会
一般財団法人神奈川県建築安全協会
富士ゼロックス神奈川㈱端数倶楽部
富士ゼロックス神奈川㈱端数倶楽部
シティアクセス株式会社
シティアクセス株式会社
福島県
fukushima
助け合いジャパン
助け合いジャパン
JCN
JCN
ボランティアインフォ
ボランティアインフォ
ふくしま連携復興センター
ふくしま連携復興センター
「震災を忘れない気持ちをあらわすプロジェクトです」
「震災を忘れない気持ちをあらわすプロジェクトです」