【kfop】福島56便(視察研修2号)活動の様子

≪はじめに≫

 平成27年度より新たな活動として、現地の視察研修を年2回進めています。

目的は、ボランティアとして福島に関わる私達の中でも、被災当時の現地、現地の方の話を知らない方が多い。そして、現地の状況も4年経過し変わっていく、記録、知る、広く伝えることを目的として、視察・研修を行います。

 

一、東日本大震災と原発事故の『風化』をさせない

一、地元の現状、今を『正しく知る・伝える』

一、自分達に出来ることを『考える』

 

実施に当たっては、現地の町役場、現地の方々のご理解・ご協力をいただき、進めています。

≪1.第2回視察研修実施内容≫

 

(1)視察先:大熊町

(2)実施日:平成27年10月24日(土)-25日(日)

(3)ご協力

・富岡町役場、富岡町職員

特定非営利法人大熊町ふるさと応援隊

・好間工業団地第三応急仮設住宅自治会長

(4)視察場所:

《平成27年10月24日(土)》

①Jヴィレッジ(楢葉町、広野町)

・施設案内、蹴球サッカー神社、食堂で昼食

②大熊町町内(秋葉台ゲート~)

・大野小学校通り~除染先行着手区域~保健センター前~福祉センター前~大熊町役場~陸橋~文化センター前~プラザ大熊~大野駅(西口)~駅前商店街~原子力センター前~東電大熊独身寮前~大野郵便局前~ヨークベニマル横~翔陽高校前~果樹園

③大熊町町内(秋葉台北ゲート

・IC予定地~県立大野病院前~252号線~大熊中入口前~総合スポーツセンター前~大熊町総合スポーツセンター入口ゲート

④福島給食センター

・施設説明、施設内見学、昼食(注文弁当)

⑤大河原復興拠点

・町職員様より大熊町立体地図ご説明、当時のこと復興のことなどご説明

⑥特定非営利法人大熊町ふるさと応援隊様

・代表渡部様より、副代表市川様よりお話し

平成27年10月25日(日)》

①好間工業団地第三応急仮設住宅訪問

・仮設住宅訪問と、住民の皆さんとお話し・懇談

≪2.視察の行程・参加者等≫

 

(1)視察行程・時間概略

《平成27年10月24日(土)》

・11:00 いわき駅出発~6号線を北上

・11:40 Jヴィレッジ着(施設内ご説明、昼食)

・12:40 秋葉台ゲート~(町内視察)

・14:00 秋葉台北ゲート~(町内視察)

・14:30 福島給食センター(施設説明、施設内見学)

・15:00 大河原復興拠点(大熊町立体地図、当時のこと、復興のご説明)

・16:30 宿泊先~夕食~

・19:00 特定非営利法人大熊町ふるさと応援隊様(お話し) 

・20:00 親睦会~

平成27年10月25日(日)》

・10:00 好間工業団地第三応急仮設住宅訪問 

・13:00 現地解散

・17:00 帰浜

(2)参加者状況

・視察参加者  :17名、内女性:7名、内男性:10名

・宿泊研修参加者:15名、内女性:7名、内男性: 8名

(3)当日の天気

 良い天気でした。

≪3.視察記録(一部写真)≫

Jヴィレッジから臨む
Jヴィレッジから臨む
大熊町町内
大熊町町内
大野駅
大野駅

給食センター
給食センター
大熊町復興拠点
大熊町復興拠点
二つの災害と向き合う大熊町
二つの災害と向き合う大熊町

宿泊先でのお話し
宿泊先でのお話し
自治会のみなさんと
自治会のみなさんと
おおちゃん
おおちゃん

≪4.視察後の研修報告≫

 

視察後は、宿泊先で当時のこと、これからのことなどお話を伺う研修を行いました。参加者の一部の報告(参加者全員に書いていただいた、研修後報告)です。

 

(1)大熊町内視察して

(2)復興拠点にて復興計画ご説明研修を伺って

(3)特定非営利法人大熊町ふるさと応援隊様のお話を伺って

(4)好間工業団地第三応急仮設住宅を訪問して

(5)参加して(個人全体所感、神奈川県内に向けて)

(6)大熊町様へ(町長、町役場、町民の皆様へ) 

 

※詳細は、研修資料、報告資料をご参照下さい。

≪5.視察研修便参加者アンケート≫ ()内は回収・回答数です。一部抜粋。

 

(1)参加のきっかけ

a( 9).福島でボランティアをしたかった

c( 6).日程や行程がよかったから

e( 1)その他

・大熊町の今を知りたかったから。

・福島支援を続ける中、現況を知ることが大事だと思ったから。

・大熊町の視察に参加したかったから。

(2)出発前のkfopからの案内

a(13).ちょうどよかった

c( 1).多すぎた

(3)今回の活動(視察研修)は如何でしたか

a(12).非常に満足

b( 5).満足

・仮設住宅を訪問する時間が約束より早かったことが気になりました。市川さんにも朝のお仕事がおありだったようですし・・・。

・今の大熊町を少し知ることができた。JVへ行かれたこと。

・みなさんの説明が良かった。

・バスから降りる機会が少なかったこと。もちろん、そうせざるをえなかった事情、皆さんのご苦労を重々承知した上での、欲張った「不満」です。

(4)活動(視察研修、全般)時間について

a(11).今回と同じでよい

・視察の時間ちょうど良い

(5)これからも参加したいですか

a(13).参加したい

・理念が共感できるため

・特に普通では出来ない現地の視察には参加したい

(6)活動(視察研修、全般)についてのご感想・ご意見・伝えたいこと

・Jヴィレッジでは、お弁当だけの予定だと思っていたのに、東電の方のお話が聞け、外の様子も見ることができて良かった。

・富岡町の視察の時のようにバスから降りて町の様子を見られた訳ではないけれど車窓を通して見てきた風景を町の様子をしっかり心に刻みつけています。あまり積極的に語ることは出来ないかも知れませんが、聞いてくれる人たちがいるならば、間違いなく今の現実と状況をお話しさせていただきたいと思っています。

・大熊町の復興に向けての息吹を感じた。廃炉まで30年から40年を要するし、いたるところに山積みされたトン袋の中間置場も全量決定したわけでもないが、ようやくできるところからできることをやっていくことが可能になったのだと思う。Jビレッジも震災前に比べると大変様であるが、それでも万里の道も一歩からというあゆみを始めていると思う。私にとっては見慣れた光景の再現だけではなかった。

・大熊町への研修参加。ふだん見られないところまで見学できて大変有意義でした。特に、現地関係者の話が聞けて心にズシンと響きました。

(7)kfopの今後の活動(全般)に期待すること

・県内に避難されている方々もこれからの生活環境が変わっていくと思います。そういった方々のお引越しとか、お家の片付け、家のまわりの草刈等のお手伝いが出来たら良いなと思っています。

・これからも福島応援を続けて行けるようによろしくお願いいたします。下準備から活動までいつもありがとうございます。

・これからもボランティア、視察研修便をよろしくお願いします。

・南相馬市の現場のような通常の活動を出来る限り継続すること。今後予定されている双葉町、浪江町の研修。大熊町も含めて、これらの町でも南相馬のような片付け、家回りの清掃・整理などのお手伝いが出来ればよいと思う。

・ニーズがある限り細く長く続けてほしいと思います。小高町、大熊町の方との交流。今回のような研修。

・現地に行ってみないとわからないことがたくさんあります。特に現地視察の機会を作って下さることを期待します。

(8)参加者状況

・性別 女性(6) 男性(6)

・年代 20代(0) 30代(1) 40代(2) 50代(6) 60代(4) 70代(1)

・職業 会社員(7) 自営業(1) パート・アルバイト(2) 家事専業(2) 定年(1)

・被災地ボランティア経験 

 初めて(0) 2~3回(1) 4~5回(2) 6~9回(1) 10回以上(10)

≪6.最後に≫

 視察・研修は、大熊町様、特定非営利活動法人 大熊町ふるさと応援隊様、好間工業団地第三応急仮設住宅自治会様のご協力をいただき、実施することが出来ました。ご多用な中でのご対応、視察への同行と、感謝申し上げます。

また、参加者は、この視察・研修で、現地に行くこと、現地の方にお話しを伺うことにより、より多くのことを見る、知る、聞くこと、感じることが出来たと思います。大熊町のみなさんの復興への強い想いも感じたと思います。

伝えて頂きたいと思います。ありがとうございました。

 

視察研修資料、報告書はご協力いただきました皆様に送らせていただきます。

・福島56便(視察研修2号)<大熊町様視察研修>資料v20151004.pdf 12p

・福島56便(視察研修2号)<大熊町様視察研修>報告(報告用).pdf 53p

≪研修資料、報告資料≫

 かながわ「福島応援」プロジェクト(kfop)

 ホームページ http://kfop.jimdo.com/

 代表メール  info.kfop@gmail.com

 

 2016年1月15日発行 不許複製・禁無断転載

福島56便報告書_表紙.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 121.7 KB
福島56便(視察研修2号)<大熊町様視察研修>報告(報告用).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 2.5 MB
かながわ「福島応援」プロジェクト
kanagawa.fukushima.ouen.pj

特定非営利法人かながわ避難者と共にあゆむ会
特定非営利法人かながわ避難者と共にあゆむ会
認定NPO法人かながわ311ネットワーク
認定NPO法人かながわ311ネットワーク
チームかながわSUN
チームかながわSUN
(第16次赤い羽根助成金で活動)
(第16次赤い羽根助成金で活動)
azbil みつばち倶楽部様
azbil みつばち倶楽部様
azbil みつばち倶楽部様
azbil みつばち倶楽部様
リコー社会貢献クラブ・FreeWill
リコー社会貢献クラブ・FreeWill
一般財団法人神奈川県建築安全協会
一般財団法人神奈川県建築安全協会
富士ゼロックス神奈川㈱端数倶楽部
富士ゼロックス神奈川㈱端数倶楽部
シティアクセス株式会社
シティアクセス株式会社
福島県
fukushima
福島の旅
fukushimanotabi
福島市
fukushima.cite
こらんしょふくしま
koransyofukushima
助け合いジャパン
助け合いジャパン
JCN
JCN
ボランティアインフォ
ボランティアインフォ
ふくしま連携復興センター
ふくしま連携復興センター
かながわ「福島応援」プロジェクト
かながわ「福島応援」プロジェクト
「震災を忘れない気持ちをあらわすプロジェクトです」
「震災を忘れない気持ちをあらわすプロジェクトです」