【kfop】福特9便(南相馬9号)活動の様子

≪1.活動の内容≫

(1)活動日 :2014年3月15日(土)

(2)天 気 :晴れ、気温:ー2℃(夜)

(3)スタッフ:戸沢、学

(4)参加者数:21名(男性18名、女性3名、初めての方4名)

(5)バスNO:207、レンタカー:2台+1台

(6)活動内容:家屋内の片づけ

 

≪2.活動の様子≫

怪我なく、天気良く、バス良く活動が出来ました。

ご依頼主様

・会津に避難されていて、容易に様子を見に来ることは出来ない。

・小高駅の沿線

・家財をすべて処分する

・前に進む想い

 

≪3.感じたこと≫

先月に同じく、全ての家財を処分された。遠くに避難されているとのこともあり、家の中はとても住めるような状況ではありませんでした。
無人となっている家、住んでいないと途端に傷んでしまう。
・外見は立派なお宅です。
・家の中は、ネズミが入り込み、押し入れの布団、畳の床はすごいあり様です。
・押し入れの床、畳も傷んでいます。
先月に同じく、何とも言えない活動でした。
依頼主様は、スッキリした!。と言われました、一歩前に進んでいくのでしょう。
結婚されたときにとられたのであろう写真、文金高島田に角隠しの綺麗な写真も処分の中に、取り出して、ご主人様へ。
しかし、すっきり・・・、つらいですね。

参加者みんなが感じたことです。

最後に、「相双の叫び」の冊子を頂戴しました。再稼働?・・・。

by.なべ

 

≪3.参加者より≫

・人数が多いと作業がより早く丁寧にできる。

・一年半振りに南相馬、変わっていない。

・3年経っても、まだボランティアに行っているとういう目もある。来ないと分からない、変わっていない、必要。

・家がみるみる綺麗になって「すっきりした」とのご主人様の言葉。

・初めて参加、まだまだ普及が進んでいない。

・古いアルバム、想い出を処分する気持ち・・・。一人で黙々と片づけているお宅もあった。

・外観は綺麗、でも家の中は違った。他

記:バス内振り返り

 

≪4.参加者アンケート≫

・中型バスが良い(今回は小型バスです)。

 →ご回答:非常に多いコメントでした。しかしながら、現地の活動のニーズ20人前後、現地での足回り(道幅)を考えますと、小型バスとなります。出来るだけゆったり出来るようにはしたいと考えます。

・現地活動、神奈川県内での避難者の方の支援活動を続けてください。

・大変貴重な体験でした。

・細く長く続けてください。

・もう少し長く活動が出来ると良い。

→先月と同様の回答となります。

・初めての参加でした、継続して活動している方が多いことに驚いた。これからも関わって行きたい。

 記:バスアンケートより抜粋 

 

≪5.一部写真≫ ※今回は活動中は写真をお撮りしていません。

かながわ「福島応援」プロジェクト
kanagawa.fukushima.ouen.pj

特定非営利法人かながわ避難者と共にあゆむ会
特定非営利法人かながわ避難者と共にあゆむ会
認定NPO法人かながわ311ネットワーク
認定NPO法人かながわ311ネットワーク
チームかながわSUN
チームかながわSUN
(第16次赤い羽根助成金で活動)
(第16次赤い羽根助成金で活動)
azbil みつばち倶楽部様
azbil みつばち倶楽部様
azbil みつばち倶楽部様
azbil みつばち倶楽部様
リコー社会貢献クラブ・FreeWill
リコー社会貢献クラブ・FreeWill
一般財団法人神奈川県建築安全協会
一般財団法人神奈川県建築安全協会
富士ゼロックス神奈川㈱端数倶楽部
富士ゼロックス神奈川㈱端数倶楽部
シティアクセス株式会社
シティアクセス株式会社
福島県
fukushima
福島の旅
fukushimanotabi
福島市
fukushima.cite
こらんしょふくしま
koransyofukushima
助け合いジャパン
助け合いジャパン
JCN
JCN
ボランティアインフォ
ボランティアインフォ
ふくしま連携復興センター
ふくしま連携復興センター
かながわ「福島応援」プロジェクト
かながわ「福島応援」プロジェクト
「震災を忘れない気持ちをあらわすプロジェクトです」
「震災を忘れない気持ちをあらわすプロジェクトです」