【kfop】【福島16便】(花に願いを4号)の様子

継続して「花に願いを」さんの街中掃除への活動参加

今回は、何時もの除去作業ではなく、前段となる計測の作業をさせて頂くこととなった。

  

1.活動日時・天気・スタッフ

 

・出発日時:平成25年7月19日(金)22:00

・活動日時:平成25年7月20日(土)、晴れ

・現地到着:08:30

・活動終了:14:30、帰浜:21:00

・スタッフ:戸沢、村上

 

2.活動場所・内容

 

・福島市内

・ホットスポットの計測・記録

 

3.参加者

 

・総数:19名(除く2名急遽欠席)

・男性:12名、女性7名

 

4.現地状況

 

・予想気温は28度。暑さが予想される。

 

5.活動状況

 

 大きくは2グループで活動し班単位での作業を行いました。一部は計測活動に参加、もう一部は、翌日の町内会さんの活動のための地図作り。予定範囲全部を終えることは出来ませんでした。

お昼は「お春茶屋」でワンタン麺を頂き15:00に作業を終了し集合場所に戻り、とりまとめとなりました。

班単位で計測結果を確認し、班長が地図をとりまとめることになりました。

 

6.振り返り(参加者より、箇条書き)

 

・計測の取りこぼしが無いように慎重に作業した。←重要な仕事。

・福岡から移住した方に声をかけてもらった。ボランティアが知られるようになった。
・この活動の「重さ」を改めて感じた。機会を捉え参加を継続していきたい。
・知り合いに計測などしている人もいるが、次回もぜひ参加したい。
・ピンポイント(ホットスポット)で高い箇所もありびっくりっした。
・ヨーロッパへ行く飛行機で計測したら、1.5(?)μSvだった。

・(線量は)高いですか?と聞かれたが、どう答えて良いかわからなかった。
・住宅地(民間)でホットスポットがあり驚いたが、図書館周辺(公共)は低かった。

・今まで活動をした時は、見られているだけだったが、今は声をかけてくれる。
・「花に願いを」さんが声をかけて、町内会で活動したことで理解されるようになったと思う。

・今までは瓦礫中心で活動。普通の生活をしているのにホットスポットがある。
 仕方ないと思っているのが分かった。

 普通(の生活)に戻れるように参加し活動を続けたい。

 

7.最後に

 

 福島便の特徴は、安達太良SAで朝を迎えますので

(1)安達太良SAエリアで焼きたての美味しいパンが食べれます。

(2)安達太良SAエリアで安達太良山を望めます。

(3)時間があれば、福島駅西口のコラッセ福島で物産品を購入し応援が出来ます。

(4)飯舘村の「かちゃんの力」さんのお弁当を注文し夕食として食べます(応援)。

(5)福島駅西口にあるお風呂で汗が流せます。

 

かながわ「福島応援」プロジェクト

記(戸沢、村上)

(kfopバス)
(kfopバス)
(作業前説明)
(作業前説明)

(16便線量「積算値」)
(16便線量「積算値」)
(16便線量「時系列」)
(16便線量「時系列」)

かながわ「福島応援」プロジェクト
kanagawa.fukushima.ouen.pj

特定非営利法人かながわ避難者と共にあゆむ会
特定非営利法人かながわ避難者と共にあゆむ会
認定NPO法人かながわ311ネットワーク
認定NPO法人かながわ311ネットワーク
チームかながわSUN
チームかながわSUN
(第16次赤い羽根助成金で活動)
(第16次赤い羽根助成金で活動)
azbil みつばち倶楽部様
azbil みつばち倶楽部様
azbil みつばち倶楽部様
azbil みつばち倶楽部様
リコー社会貢献クラブ・FreeWill
リコー社会貢献クラブ・FreeWill
一般財団法人神奈川県建築安全協会
一般財団法人神奈川県建築安全協会
富士ゼロックス神奈川㈱端数倶楽部
富士ゼロックス神奈川㈱端数倶楽部
シティアクセス株式会社
シティアクセス株式会社
福島県
fukushima
福島の旅
fukushimanotabi
福島市
fukushima.cite
こらんしょふくしま
koransyofukushima
助け合いジャパン
助け合いジャパン
JCN
JCN
ボランティアインフォ
ボランティアインフォ
ふくしま連携復興センター
ふくしま連携復興センター
かながわ「福島応援」プロジェクト
かながわ「福島応援」プロジェクト
「震災を忘れない気持ちをあらわすプロジェクトです」
「震災を忘れない気持ちをあらわすプロジェクトです」