【kfop】【福島14便】(花に願いを2号)の様子

「花に願いを」さんの活動に参加させて頂きました。

 

1.活動日時・天気

 

・出発日時:平成25年5月17日(金)22:00

・活動日時:平成25年5月18日(土)、晴れ・暑い

・現地到着08:30、活動終了14:30、帰浜21:00

・バススタッフ:なべ、活動スタッフ:戸沢

 

2.活動場所・活動内容

 

・福島市五月町周辺

・ホットスポットの除去作業

 

3.参加者

 

・総数:22名(男性:15名、女性:7名)

 

4.活動状況

 

・18日は19日の地元の皆さんの活動の事前準備

・事前準備の日ながら、当会は本日参加に付き既に計測して頂いている個所の掃除をさせて頂いた。

・19日は市内中心の13の町内会の皆さんが自主的に計画された福島市内の除染が「花に願いを」さんの指導で行われた。

≫作業の様子はこちらをご参照下さい。

≫※3月の様子はこちらです。

 

5.参加者アンケート(参加者の主観です)

 

・ホットスポット除染参加は初めてだったが、心配なく実施出来てとても良かった。まず計測が大事、良くわかった。

・大変有意義な活動だったと思います。

・もうすこし長く活動できる時間が欲しい。

・昼食を作業場所から遠くに離れずに、持参して食べることでもう少し長く活動が出来るかも。南相馬での活動も検討してください。

→少しでも長くお手伝いを・・・、ありがとうございます。ただ、ボランティアが活動するためにはルールがあります、そのルールなくしては活動継続はできないことになります。(不明点はご説明します)

→昨年、南相馬の活動を行っています。冬季は現地のニーズが少なくなることもあり中断しています。また、バスを出すためにはスタッフの協力が必要です。是非、手を挙げて頂きスタッフとしてご協力を頂けますこと期待します。

・テレビなどでは知ることが出来なかったことを学ぶことが出来た、何度も継続して活動をして行きたいと思いました。ボランティア活動の種類に拘りはない積りで居ましたが、この活動は本当に必要な活動だと今回痛感しました。

・福島県民の想いが複雑で、他の被災地とは違う雰囲気を感じました。やっぱり来てみないと分からないことが多い。来て良かった。

・ご迷惑そうに「持って行って調べるの?」と言われやっぱり残念だった、でも後から「ボランティアです」と話したら「ありがとう!!」と言ってもらえて嬉しかったです。

 

かながわ「福島応援」プロジェクト

 

7.活動収支

収入 支出
費目 金額 費目 金額
参加費(22名) 143,000円 バス費(中型28人乗り) 126,000円
  バス費振込手数料 210円
  バス運転手仮眠所代 4,720円
  高速代(ETC) 15,390円
収入計 143,000円 支出計 146,320円
収支(バス費の内10,000円は支援金を充当) ▲3,320円

 

8.個人負担

昼食費 ( 全員 ) 500円
飯舘村「かちゃんの力弁当」夕食 ( 22人注文 ) 500円
福島「極楽湯」 ( お風呂 ) 450円

9.記録計数

今回積算値(単位μSv) 3.0 年度累積値(単位μSv) -


福島14便-数値報告.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 404.6 KB

【記録:なべ】

かながわ「福島応援」プロジェクト
kanagawa.fukushima.ouen.pj

特定非営利法人かながわ避難者と共にあゆむ会
特定非営利法人かながわ避難者と共にあゆむ会
認定NPO法人かながわ311ネットワーク
認定NPO法人かながわ311ネットワーク
チームかながわSUN
チームかながわSUN
(第16次赤い羽根助成金で活動)
(第16次赤い羽根助成金で活動)
azbil みつばち倶楽部様
azbil みつばち倶楽部様
azbil みつばち倶楽部様
azbil みつばち倶楽部様
リコー社会貢献クラブ・FreeWill
リコー社会貢献クラブ・FreeWill
一般財団法人神奈川県建築安全協会
一般財団法人神奈川県建築安全協会
富士ゼロックス神奈川㈱端数倶楽部
富士ゼロックス神奈川㈱端数倶楽部
シティアクセス株式会社
シティアクセス株式会社
福島県
fukushima
福島の旅
fukushimanotabi
福島市
fukushima.cite
こらんしょふくしま
koransyofukushima
助け合いジャパン
助け合いジャパン
JCN
JCN
ボランティアインフォ
ボランティアインフォ
ふくしま連携復興センター
ふくしま連携復興センター
かながわ「福島応援」プロジェクト
かながわ「福島応援」プロジェクト
「震災を忘れない気持ちをあらわすプロジェクトです」
「震災を忘れない気持ちをあらわすプロジェクトです」