【kfop】福島5便(南相馬号)活動報告

南相馬市生活復興ボランティアセンター
南相馬市生活復興ボランティアセンター

8月24日(金)夜定刻に、多くの方に見送って頂き南相馬に向け出発した。

参加者は24名(女性6名)、全員経験者で臨んだ南相馬初回便です。

 

東北道を北上し、二本松ICからは一般道、朝方5時過ぎに道の駅南相馬に予定通り到着し仮眠、朝8時に身支度を済ませて南相馬市生活復興ボランティアセンターへ移動し8時半前に着きました。

 

受付準備をして頂き、南相馬市生活復興ボランティアセンターさんより、

まずは

・「安心安全」の活動をしています。

・「参加者への感謝」の言葉

のご挨拶を頂き、マッチングが開始されました。

今回のニーズは屋外ボランティア活動が5件、参加者124人でした。

山側・沿岸部で家財の片付け、草刈などが多かったようです。

我々24名もセンターから30分程の小高地区にグループで参加の8名とともに計32名で向い作業を行いました。

 

道行く中、車がそのままの様子、家屋がそのままの様子、などなど手付かずの様子が参加者の目に入って来たと思います。

 

作業は、息子さんからの事前の依頼に基づき、倒壊し撤去した建物にあった瓦礫、家財の片付け、草刈などをさせて頂きました。

気温は36度強で、みんな汗だくで作業しました。

 

依頼宅のご夫婦と孫のお嬢ちゃんがおられました。日中だけ訪れることが出来、夜にはまた離れます。

予定の作業が終わり、依頼者さんにご報告をさせて頂き、感謝の言葉を頂きました。

 

帰路は再び手付かずの様子を目にしながらセンターに戻りました。

コーディネートして頂きました、南相馬市生活復興ボランティアセンターの皆さんありがとうございました。

 

道の駅南相馬で買い物をし、安達太良SAで買い物をし、佐野SA経由で定刻までに帰浜。

作業後の現場ピックアップ、定刻までの帰横とバス運転手さんに感謝です。

 

<参加者より(一部です)>

     依頼のご家族の方々の笑顔に接し、参加者して良かったな。

     ニーズが満たせてよかった。

     現地の方のご要望の作業をさせて頂きボランティアセンターの方にも感謝しています。

     安全第一のボランティアセンターでよかった。

     バス会社さん、運転手さんに感謝です。

     福島の方のためになにか出来ればと思うだけです。

     私はボランティアだけでなく、桜の季節には花見山や三春の滝桜、夏には阿武隈洞を見たり観光でも応援しています。

     他、定時までの活動、二日の活動などの要望もありました。

 

私達は、現地福島に行き、福島を応援します。(無論、岩手県、宮城県も)

一番の苦労はバスなんです、お出し頂いていますバス会社さんに本当に感謝いたします。ご参加頂きました皆さん、バス会社さんありがとうございました。

 

福島はまだまだこれからです。多くのボランティアが今まさに求められています。福島を一緒に応援しませんか。私達に出来ることです。

 

かながわ「福島応援」プロジェクト

スタッフ一同

かながわ「福島応援」プロジェクト
kanagawa.fukushima.ouen.pj

特定非営利法人かながわ避難者と共にあゆむ会
特定非営利法人かながわ避難者と共にあゆむ会
認定NPO法人かながわ311ネットワーク
認定NPO法人かながわ311ネットワーク
チームかながわSUN
チームかながわSUN
(第16次赤い羽根助成金で活動)
(第16次赤い羽根助成金で活動)
azbil みつばち倶楽部様
azbil みつばち倶楽部様
azbil みつばち倶楽部様
azbil みつばち倶楽部様
リコー社会貢献クラブ・FreeWill
リコー社会貢献クラブ・FreeWill
一般財団法人神奈川県建築安全協会
一般財団法人神奈川県建築安全協会
富士ゼロックス神奈川㈱端数倶楽部
富士ゼロックス神奈川㈱端数倶楽部
シティアクセス株式会社
シティアクセス株式会社
福島県
fukushima
福島の旅
fukushimanotabi
福島市
fukushima.cite
こらんしょふくしま
koransyofukushima
助け合いジャパン
助け合いジャパン
JCN
JCN
ボランティアインフォ
ボランティアインフォ
ふくしま連携復興センター
ふくしま連携復興センター
かながわ「福島応援」プロジェクト
かながわ「福島応援」プロジェクト
「震災を忘れない気持ちをあらわすプロジェクトです」
「震災を忘れない気持ちをあらわすプロジェクトです」